診療時間

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院で「椎間板ヘルニア」と診断された
  • 腰にピリピリ感がある
  • お尻から足にかけてシビレれがある
  • 腰の不調を気にすることなく生活したい
  • 立ったり歩いたりするとシビレが強くなる

このようなお悩みの方は、金沢西えみふる整骨院までお越しください。

そもそも椎間板ヘルニアってなに?|金沢西えみふる整骨院

そもそも「ヘルニア」とは、体内にある臓器が本来の位置から脱出してしまった状態を指します。

背骨の間にクッションの役割をしている椎間板と呼ばれるものがあるのですが、これがつぶれて飛び出してしまった状態を「椎間板ヘルニア」と言います。

腰に発症することが最も多く、中でも5個ある腰骨の上から4番目と5番目の骨との間、上から5番目と骨盤の真ん中の骨(仙骨)の間に発症することが多いです。

その他、7個ある首の骨の下側の椎間板にも発症することが多いです。

 

  

 

症状としては腰椎椎間板ヘルニアであれば、腰部やお尻の痛みに加えて、圧迫されている神経の支配領域に一致した痛みやしびれなどの感覚障害や筋力低下が起こります。

こうした状態は体の片側に生じることが多いですが、両側に生じることもあります。

 

頸椎椎間板ヘルニアであれば、首や腕の痛みに加え、圧迫されている神経の支配領域に一致した痛みやしびれなどの感覚障害や筋力低下が起こります

なぜ椎間板がつぶれてしまうのか?|金沢西えみふる整骨院

椎間板がつぶれる原因は主に2つあります。

 

①椎間板の老化によるもの

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。

加齢に伴う椎間板の老化の過程でつぶれてしまうことがあります。

 

②日常生活によるもの

椎間板ヘルニアが発症しやすい腰や首に負荷がかかり続けることで椎間板がつぶれてきます。

・急に重い物を持ち上げる

・日常生活で中腰の動作が多い

・激しいスポーツ

などにより少しずつすり減ってしまい段々と痛みやしびれが現れてきます。

 

この椎間板ヘルニアを病院で治療する場合、まず整形外科でレントゲン・MRI等の検査を受け、どこの椎間板がつぶれているかを検査して確認することが必要になります。

その上でほとんどは腰椎コルセットを用いての固定と湿布による保存施術になります。

もちろんスポーツ等激しい動作は中止という指示が出ると思います。

また、状態の程度が重い場合は手術も勧められます。

一般的な椎間板ヘルニアの解消方法は?|金沢西えみふる整骨院

腰が痛くなった時にまず病院に行く方がすごく多いです。

ただ病院の画像検査では異常ない、もしくは『腰椎ヘルニア』と言われて、湿布や電気施術、コルセットだけで施術が終わる方が多いです。

 

それでも状態が解消されない場合は

▼内服薬(痛み止め薬)

▼外用薬

▼ハイドロリリース(超音波など)

▼物理施術

を組み合わせてアプローチしていきます。

 

『その場では解消されるけど、時間が経つと状態が戻ってくる・・・』

このようなお悩みの方が当整骨院には多くお越し頂いております。

そのような方に対して金沢西えみふる整骨院・整体院ではどのように施術していくのか?

骨盤の歪みを整えて椎間板ヘルニアを原因から解消|金沢西えみふる整骨院

えみふる整骨院は痛みのある箇所だけではなく、全身をチェックします。

チェックすると、痛みがある部分はもちろん、それ以外の部分にも痛みをかばってか筋肉の緊張がみられます。

この筋緊張を和らげることが痛みを軽減するキーポイントです。

腰椎ヘルニアの多くは、腰の筋肉の硬さが原因で起こっています。

筋肉が硬いことで神経を圧迫してしまい、痛みやシビレを引き起こしています。

この圧迫部分を取り除くことで解消に導くことができます。

 

①骨盤矯正で正しい骨格バランスを作り出す

骨盤が歪むことによって上半身や下半身のバランスが悪くなることで、頬杖をついたり、足を組みやすくなります。

その悪い習慣が歪みを強くしますから、まずは骨盤をソフトに矯正することで元の正しい状態へと骨格を整えていきます。

②筋肉を柔らかくする

筋肉の中を血管・神経が通っていますので、筋肉が血管や神経を圧迫している状態から解放させます。

マッサージなどの手技、ストレッチで筋肉に対しアプローチします。ここで重要なのは骨盤矯正をした後に筋肉を柔らかくするという順番です。

 骨盤矯正だけでも体への負担が軽減されて余計に緊張が取れてくることが多いです。その上で残った筋肉を狙って調整していきます。

③正しく使えるカラダにしていくこと

骨盤の歪みが矯正されて、筋肉が柔らかくなっても、正しく使える状態になっていなければ意味がありません。

金沢西えみふる整骨院では最終的に体の使い方として『重心』の調整を行っていきます。

 

体幹と呼ばれる背骨・仙骨を支える下半身の使い方が悪ければ、上半身は歪みます。

また日常生活に戻り、足を組むと全体が歪んでいきます。

 

そのことを考えると最終的には足がうまく機能しなければ根本的に自分で支える体にはならないのです。

 

まずは椎間板ヘルニアになってしまう原因を見つけてしっかり解消する方法を探していきましょう。原因から取り除くことが根本からの解消です。

金沢西えみふる整骨院へのお問い合わせ

金沢西えみふる整骨院

  • TEL
  • LINE
住所
〒920-0344 石川県金沢市畝田東3丁目537

access

診療時間