診療時間

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手首を動かすとズキっとした痛みが走る
  • スマホ操作時に親指を動かすのが辛い
  • ペンで文字を書くときに痛みがある
  • 子どもを抱っこすると親指が痛い
  • 包丁やフライパンを扱うのがきつい

 

 

腱鞘炎になる原因は?|金沢西えみふる整骨院

ヒトが文字を書くなどの細かい動作をするときに、肘~手先にくっつく細い筋肉を何本も自在に伸縮させる必要があります。

 

それらの筋肉を支えるために「腱鞘」というトンネルがあり、指の筋肉はこのトンネルを通り、細かい動作をしています。

 

しかし、肘~手先の筋肉を使いすぎるとで、筋肉と腱鞘との間に摩擦が起こり、炎症を引き起こします。

これを「腱鞘炎」と言います。

 

なぜこすれてしまうのか?その多くの原因は使い過ぎになりますが、

▷小さなお子さんをよく抱っこをする

▷パソコン作業でキーボードをよく打つ

▷フライパンや包丁をよく使う

▷ピアノなどの楽器を演奏する

▷ペンなどの筆記用具をよく使う

 

が挙げられます。

近年ではスマホ操作でも腱鞘炎になる方もいらっしゃいます。

 

腱鞘炎かどうかは自分で検査することができます。

①指と手首をまっすぐに伸ばした状態で、親指を手のひらに収める。

②親指が入った形でグーを作る。

③手首を小指側に倒し、親指の付け根を伸ばす形をとる。

 

この動作で親指側の手首に痛みが生じると腱鞘炎の可能性が高いです。

 

腱鞘炎を放置するとどうなる?|金沢西えみふる整骨院

腱鞘炎は主に親指の痛みですが、放置することによってさらに症状は悪化していきます。

 

①ドケルバン病

手首に起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」といいます。パソコン作業などでマウスやキーボードに手をのせるとき、常に手を反らせた状態になります。そうした状態を何時間も繰り返していくと、手首の腱に大きな負担となり、腱鞘炎を引き起こします。

 

②ばね指

マウスのクリックなどで人差し指を使いすぎたときに起こる腱鞘炎です。

指を伸ばそうとするとするとカクンとばねのようにはじかれます。

 

一般的な腱鞘炎の治療法|金沢西えみふる整骨院

腱鞘炎の一般的な治療には

・運動療法

・安静

・投薬

・手術

・電気療法

などの方法があります。

 

使い過ぎが原因で起こったものですから安静が必要です。

 

「指を使いすぎないようにしてください」

「ストレッチをしてください」

 

と言われても、指や手首が使えないと日常生活がとても不便ですよね。

 

金沢西えみふる整骨院・整体院ではどのような治療をしていくのか?

 

 

金沢西えみふる整骨院・整体院での治療|金沢西えみふる整骨院

金沢西えみふる整骨院・整体院では体の歪みを整え筋肉を柔らかくする「骨盤矯正」を行います。

 

手と骨盤では繋がりにくいイメージがありますが、実は大いに関係します。  

 

そもそも人が痛みを感じるのは、神経が痛みを感じ取るからです。

 

手の神経は首から始まっており、首周りの筋肉が硬いと手への神経の流れが悪くなり、より痛みを感じ取りやすくなります。

 

また、痛みを改善するために血流を良くして酸素と栄養を痛い箇所に届けなければいけません。

 

しかし神経と同様に、手への血管も首周りから始まるため、首周りの硬さがあり血流が悪くなると十分な酸素・栄養が行き届かなくなり、回復が遅くなります。

 

そのため、指や手首を改善するには首を改善する必要があります。

さらに、首の筋肉は骨盤から繋がっているので、骨盤が歪むと首の筋肉の硬さを生み出します。

 

 

だからこそ、骨盤矯正を含めた施術が大切です。

痛みのない施術ですので、どんな方でも安心して受けていただける治療方法となっています。

 

▷腱鞘炎が良くならない

▷痛みの原因が分からない

▷痛み止めでもよくならない

▷根本的に改善したい

 

という方は一度、えみふる整骨院にご相談ください!!

 

患者様の声

金沢西えみふる整骨院へのお問い合わせ

金沢西えみふる整骨院

  • TEL
  • LINE
住所
〒920-0344 石川県金沢市畝田東3丁目537

access

診療時間