診療時間

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 息を吸うときにピリピリとした感覚がある
  • 肋骨のあたりにチクチクした痛みがでる
  • 呼吸をするだけでピリピリと電気が走る
  • ちょっとした動きで背中に違和感が出る
  • 思い当たる原因がない、理由がわからない

ヒトの肋骨は左右12対、合計24本あり、心臓や肺などのいのちに関わる大切な臓器を守るためにあります。

肋骨と肋骨の間には神経が通っており、これを肋間神経といいます。

この神経が何らかが原因で障がいされ、肋間神経が通っている胸・脇腹・背中に痛みを引き起こすものを肋間神経痛といいます。

肋間神経痛とは?|金沢西えみふる整骨院

そもそも『肋間神経痛』は病名ではなく、症状名になります。

 

症状としては、針で刺したようなチクチクとした痛みが出たり、肋骨に沿って激しい痛みがでるケースもあります。

 

呼吸をしたり、咳・くしゃみ、からだを捻ったり、胸を広げたりなどの動作を行った際に痛みが強くなったりすることが多くあります。

 

人によって痛みが現れる場所が様々で背中や肺、脇腹の痛みを訴える方もいます。

 

痛みが胸部周辺に出ることもあるので、深刻な病気ではないかと心配になり、病院を受診される方が多いです。

肋間神経痛の原因は?|金沢西えみふる整骨院

医学的にはっきりとした原因はまだ解明されていませんが、現在で肋間神経痛の原因とされているものは大きく2つに分けられます。

 

1つは、「続発性」です。

特定の病気にかかることにより肋間神経痛を併発するものです。

 

・ヘルペスウイルスに感染することにより発生する帯状疱疹

・肋間神経の出発点である背骨(胸椎)の圧迫骨折や肋骨骨折

・骨密度が下がり骨が脆くなる骨粗鬆症

・骨に転移してしまったガン

 

などとともに発症することが知られています。

 

もう1つは、「突発性」「原発性」です。

上記以外の原因で、肋間神経痛が発生するものです。

 

・不自然な姿勢や悪い姿勢で作業をしていた

・運動不足などで老廃物が溜まっている

・ストレスが蓄積している

 

などで発生することが知られています。

これらはどれも『筋肉が硬くなりやすい』要因なのです。

つまり、筋肉が硬くなってしまったことにより肋間神経を圧迫してしまい、肋間神経痛を引き起こすのではないかと考察されます。

骨盤の歪みを整えて肋間神経痛を原因から解消|金沢西えみふる整骨院

えみふる整骨院は痛みのある箇所だけではなく、全身をチェックします。

チェックすると、痛みがある部分はもちろん、それ以外の部分にも痛みをかばってか筋肉の緊張がみられます。

この筋緊張を和らげることが痛みを軽減するキーポイントです。

肋間神経痛の多くは、背中や腰の筋肉の硬さが原因で起こっています。

筋肉が硬いことで神経を圧迫してしまい、痛みやシビレを引き起こしています。

この圧迫部分を取り除くことで改善に導くことができます。

 

①骨盤矯正で正しい骨格バランスを作り出す

骨盤が歪むことによって上半身や下半身のバランスが悪くなることで、頬杖をついたり、足を組みやすくなります。

その悪い習慣が歪みを強くしますから、まずは骨盤をソフトに矯正することで元の正しい状態へと骨格を整えていきます。

 

②筋肉を柔らかくする

筋肉の中を血管・神経が通っていますので、筋肉が血管や神経を圧迫している状態から解放させます。

マッサージなどの手技、ストレッチで筋肉に対しアプローチします。ここで重要なのは骨盤矯正をした後に筋肉を柔らかくするという順番です。

 骨盤矯正だけでも体への負担が軽減されて余計に緊張が取れてくることが多いです。その上で残った筋肉を狙って調整していきます。

 

③正しく使えるカラダにしていくこと

骨盤の歪みが矯正されて、筋肉が柔らかくなっても、正しく使える状態になっていなければ意味がありません。

金沢西えみふる整骨院では最終的に体の使い方として『重心』の調整を行っていきます。

 

体幹と呼ばれる背骨・仙骨を支える下半身の使い方が悪ければ、上半身は歪みます。

また日常生活に戻り、足を組むと全体が歪んでいきます。

 

そのことを考えると最終的には足がうまく機能しなければ根本的に自分で支える体にはならないのです。

 

まずは肋間神経痛になってしまう原因を見つけてしっかり改善する方法を探していきましょう!

原因から取り除くことが根本からの改善です。

患者様の声

金沢西えみふる整骨院へのお問い合わせ

金沢西えみふる整骨院

  • TEL
  • LINE
住所
〒920-0344 石川県金沢市畝田東3丁目537

access

診療時間