診療時間

むち打ち症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故後痛みがなかなか引かない 
  • 事故から数日後に症状が出てきた 
  • いつまでたってもだるさ・倦怠感がつづく 
  • 異常なしと診断されたが違和感がある 
  • 頭痛・吐き気・めまい・耳鳴りがする 

むちうち症はなぜ起きるのか?|金沢西えみふる整骨院

むち打ち症は、交通事故や仕事中での災害、スポーツ中のアクシデントなどにより起こることが多いです。 

その他では、不適切な施術やヨガ、ストレッチなど無理な動作を行ったためむち打ち症になることもあります。 

事故の衝撃により背骨(主に首)が鞭をうつようにしなることにより起こります。

別名『外傷性頸部症候群』と言われています。 

それにより、筋肉、靭帯、椎間板、神経、血管などが激しく損傷してしまいます。 

  

交通事故など直接的な原因以外でもむち打ちになることもあります。 

  

首の痛みが気になる方はコチラから 

  

事故直後は興奮状態のため痛みを感じにくいです。 

しかし、それから2週間は、むち打ち症がいつでてもおかしくありません。 

  

24時間~48時間経ってから痛みが現れることもあるので、事故の後は体の痛みや自身の体調の変化に気遣い、もし不調や痛みがある場合は、必ず医療機関に診てもらいましょう。 

 

むち打ち症を放っておくとどうなるのか?|金沢西えみふる整骨院

体に痛みやだるさがあるが、「時間がない」「通うのがめんどう」 

などの理由で放置してしまっているかともいると思います。 

  

そのようにむち打ち症を放置してしまい、適切な施術を受けれなかった場合 

・痛みや重だるさが残ってしまう 

・手や足に痺れが残る 

・頭痛やめまいが起こりやすくなる 

このような後遺症を残さないためにも、適切な施術を受けることがお体のためにも大事になってきます。 

  

手のシビレが気になる方はコチラから

 

「むちうち」というのは病名ではなく総称であり、具体的な種類は以下のようなものがあります。 

 むちうちは大きく分けて5つあります 。

1.頸椎捻挫型 

むちうちの中でも軽度な損傷で、約8割を占めています。 

椎間関節の捻挫による疼痛、圧痛、運動時痛、頸・肩回りの筋肉の緊張が起こり「寝違い」と状態が似ています。 

約3週間で軽減してくると言われていますが、数か月間も痛みや違和感が残る場合もあります。 

また、手などに痺れが出ることもあります。 

2.根症状型

頸椎(首の骨)が急激に引っ張られ、圧迫されることにより神経の根っこの部分が圧迫されたものです。 

頭から腕までに痺れなどの状態が出現し、咳やくしゃみなどがみられ、首を傾けると状態が悪化してしまいます。 

3.頸部交感神経症候群(バレ・リュウー)型

頸椎が損傷されたことにより、頸部の交感神経が緊張して起こる自律神経失調症のことです。

状態として、後頭部の痛み、めまい、耳鳴り、視力障害、顔・腕・喉の感覚異常、夜間に腕がしびれるなどの多くの状態が出現します。

4.混合型

「根症状型」と「頸部交感神経症候群」が混合したものです。

5.脊髄症状型

交通事故などの大きな衝撃で脊髄が損傷されることにより起こります。

状態は、足よりも腕の方に出現することが多く、指をうまく動かしにくくなるような状態も出現することもあります。

むちうち症の一般的な施術方法は?|金沢西えみふる整骨院

むち打ち症の一般的な施術法として

・鎮痛薬(痛み止め)

・湿布

・マッサージ

などの方法があります。

 

レントゲンなどの画像所見では骨の異常しか確認できないので、筋肉や神経の損傷を判断することできません。

そのため痛み止めや湿布のみで終わってしまうことが多く、結果的に治りが遅くなってしまいます。

病院で異常がなかったから大丈夫」ではなく、筋肉などを診てもらい施術してもらうということが、必要となってきます。

えみふる整骨院での施術方法は?|金沢西えみふる整骨院

金沢西えみふる整骨院のむち打ち症の施術方法は、まず首や全身の緊張の原因となっている骨盤の歪みを解消していきます。

 

骨盤が歪むことで背骨が歪み、首・肩や全身の筋肉に負担がかかります。

なので、当接骨院では首や痛みのある場所だけではなく、痛みの原因となっている部分を正確に見極め、施術をしていきます。

その状態でを放置したまま、痛み止めや湿布などを使ったとしても体が歪んだままだと、回復が正常に行われなくなってしまいます。

 

当接骨院では3つのステップで施術していきます。

①骨盤矯正で正しい骨格バランスを作り出す

骨盤が歪むことによって上半身や下半身のバランスが悪くなることで、頬杖をついたり、足を組みやすくなります。

その悪い習慣が歪みを強くしますから、まずは骨盤をソフトに矯正することで元の正しい状態へと骨格を整えていきます。

②筋肉を柔らかくする

筋肉の中を血管・神経が通っていますので、筋肉が血管や神経を圧迫している状態から解放させます。

マッサージなどの手技、ストレッチで筋肉に対しアプローチします。ここで重要なのは骨盤矯正をした後に筋肉を柔らかくするという順番です。

 骨盤矯正だけでも体への負担が軽減されて余計に緊張が取れてくることが多いです。その上で残った筋肉を狙って調整していきます。

③正しく使えるカラダにしていくこと

骨盤の歪みが矯正されて、筋肉が柔らかくなっても、正しく使える状態になっていなければ意味がありません。

金沢西えみふる整骨院では最終的に体の使い方として『重心』の調整を行っていきます。

 

体幹と呼ばれる背骨・仙骨を支える下半身の使い方が悪ければ、上半身は歪みます。

また日常生活に戻り、足を組むと全体が歪んでいきます。

 

そのことを考えると最終的には足がうまく機能しなければ根本的に自分で支える体にはならないのです。

 

まずはむち打ち症になってしまう原因を見つけてしっかり解消する方法を探していきましょう!

原因から取り除くことが根本からの回復です。

 

後遺症を残さない多ためにも、適切な施術をしていきましょう。

 

骨盤矯正について詳しく知りたい方はコチラから

 

 

患者様の声

金沢西えみふる整骨院へのお問い合わせ

金沢西えみふる整骨院

  • TEL
  • LINE
住所
〒920-0344 石川県金沢市畝田東3丁目537

access

診療時間